読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30代以上になると気になる“こだわりの商品”

こだわりのある、キニナル商品やサービスの記事を紹介していきます。

天然水宅配ならダスキンに、お・ま・か・せ

こんにちは。

今回は、

 ダスキンのウォーターサーバー

について、投稿してみたいと思います。

ダスキンウォーターサーバーですが、

 お届けエリア No.1

で、

 ミネラル豊富な100%天然水

をお届けしています。

通常、ウォーターサーバーに使われる水は、

 ミネラルウォーター

なのに対し、ダスキンでは、

 ナチュラルミネラルウォーター

を使っています。

採水地も厳選された4箇所からお住まいエリアの天然水を

 送料無料

で届けてくれます。

厳選された水は、

 大朝の天然水(広島)
  pH:7.1 硬度:14mg/L
 富山の天然水(富山)
  pH:7.0 硬度:32mg/L
 秩父の天然水(埼玉)
  pH:7.6 硬度:88mg/L
 富士山のバナジウム天然水(山梨)
  pH:8.0 硬度:40mg/L

以上の4種類から選ぶことが出来ます。
なお、送料無料お住まいエリア以外の天然水は、別途追加送料をご負担頂くことで、注文することも可能です。

ちょっと、豆知識として、軟水と硬水の分類基準ですが、日本では、

  • 軟水は、硬度が100mg/L未満
  • 硬水は、硬度が100mg/L以上

とされ、pH値は、身近なところで例を挙げると、

になります。

ダスキンでは、どれも軟水を使用しており、その中でも、

 富士山のバナジウム天然水

は、甘み・苦み・酸味も均等で、飲み口は奥が深く健やかでまろやかな印象が得られます。

さて、ここで、赤ちゃんにダスキンのナチュラルミネラルウォーターを飲ませても大丈夫かということですが、これについては、

 問題ありません。

よく言われている、赤ちゃんに飲ませると内臓に負担がかかったり、下痢になる心配があると言われているのは、

 ミネラルを多く含む水

をさします。これは、赤ちゃんの内蔵が未だ発達途中で、消化不良になって、下痢になることからに由来します。

ですので、ミネラルを含むこと自体が問題では無く、ミネラルを多く含むことが問題なのです。

では、ミネラルを多く含むとは、どういうことなのでしょうか。

それは、硬度で判ります。
硬度は、水に含まれるミネラルの量を数値化したものです。

上述したように、硬度が100以下は軟水と日本では基準が決められています。

ダスキンで、配送される天然水は、どれも軟水に部類されますので、どれも、赤ちゃんに飲ませても問題ないミネラル量となります。

最後に、ダスキンの天然水宅配を使う場合に、1ヶ月、どのくらい天然水ケースを購入することになるのか、目安になる計算式があるので、ご参考にしてみてください。

ダスキンでは、基本飲料として、
1歳未満 120ml × 体重 × 30(日)
1-6歳 90ml × 体重 × 30(日)
7-9歳 60ml × 体重 × 30(日)
10-12歳 40ml × 体重 × 30(日)
13-19歳 40ml × 体重 × 30(日)
20-60歳 35ml × 体重 × 30(日)
60歳以上 40ml × 体重 × 30(日)
となっていて、これに加えて、生活習慣の水分摂取量を加えることで、4週間の大体のケース量目安が判ります。

例えば、
 大人2人
 子供1人(3歳)
とした場合、天然水ケースは、

 おおよそ、10から20ケース

必要になります。

 

まずは、お試しが出来ますので、お気軽に申し込んで、味・使い勝手などなど試してみてください。

 

FXオーストラリアドル